怒ったら負け?「罰金制育児」で心の安寧を取り戻せ!【育児日記14】

育児日記
スポンサーリンク

近頃「Yakult1000」という乳酸菌飲料がネット上で大バズりしている。

【徹底解説】「ヤクルト1000」品切れ続出“睡眠市場”が急拡大…日本の睡眠時間は世界最低レベル “睡眠の質”を上げるには?|FNNプライムオンライン
いま、各地で売り切れの店舗が続出するヤクルト1000シリーズ。いさみ屋小竹向原店 店長:1時間しない...

どうやら飲み続けることで「ストレス緩和」「睡眠の質の向上」「腸内環境改善」の効果が得られるそうだ(公式HP調べ)。
久しぶりに会った同級生から言われたらショックを受けるレベルで胡散臭く、本当かどうか疑わしい効能のセールスコピーをこれでもかと言うぐらい押し出している。
しかし、ストレス不安や睡眠不足といった悩みは多くの人々が抱える問題であり、それに比例するように効果に期待して購入する人も多い事だろう。実際、今ではコンビニやドラッグストアで商品を見かけなくなっているくらいだ。それだけ現代人は多くのストレスを抱えているということなのかもしれない。

Yakult(ヤクルト)1000/Y1000 | TOP
「Yakult(ヤクルト)1000」「Y1000」の公式サイト。ストレス緩和、睡眠の質向上。カギとな...

そんな現代人の悩みは育児の現場においても同様に存在しており、もう乳酸菌でもなんでも頼りたいくらいにストレス塗れである。

子どもというのは親の思いに反して行動する生き物で、機嫌良く子どもの相手をするためには我慢強さと懐の広さが要求される。そして、それらを維持にはかなりのストレスが掛かり、心に余裕がない場合、子どもに接する態度が悪くなってしまったり、ついつい怒鳴ってしまったりする。
子どもとしても悪意があって反抗している訳ではなく、言葉だってまだ理解し切れてない場合もある。そう考えると怒鳴るのはかなり感じが悪い。怒鳴る度に親も落ち込んでしまい、その度に親としての自己肯定感も損なわれてしまう。
反省するも、またどこかで子どもに怒鳴ってしまい、その度にまた落ち込んでしまうという、ダメなスパイラルに突入してしまう。

この様に、育児は心の余裕と自己肯定感の維持が大変で、普通に生活する以上にストレス管理が難しい。

僕もわかってはいるものの、我慢が出来ずつい感情的になってしまい、その度に酷く後悔をしている。
最近、感情的に怒鳴り過ぎたせいで子どもが口を聞いてくれなくなった事があった。妻はそんな僕に冷ややかな目を向けており、その日は家族3人で住む2LDKを1人孤独に過ごす事となった。
出来ればもうそんな思いをしたくないし、親子共々機嫌良く過ごしていきたい。しかし、意識はしていても気持ちが昂るとつい感情的になってしまう…。

どこかに、怒ってしまいそうな時に思い止まるための安全装置的なモノはないものだろうか。
例えばこう…無意識的に「やめなければ」と思ってしまう様な何かは…。

あ り ま し た。

その名を「罰金制育児用集金装置」と命名。
子どもに怒ってしまった時、罰金としてお金を投入するための物で、貯金よりも主に抑止力としての使用する。

僕はお金に弱い。特に「納得のできない支払い」と「お金の紛失」は耐え難いほどに苦手だ。
僕の自己分析が正しければ、感情的になりそうな時でも無意識的に冷静さを取り戻すことが出来るだろう。

一応、1回怒る度に100円以上を入れるという設定にしておく。
これは、起こった度合いや気持ちで入れる金額を決めるのではなく、手持ちの100円硬貨を基準とし、無い場合にそれ以上の価値の硬貨、もしくは手持ちのお札を投入する、という仕組みを心の中で設定する。
これにより、小銭を作って財布を重くするか、財布を軽くして自分を律するかの2択を迫る仕組みにし、常に緊張を持って子どもと接するように自身に働きかけているのである。

本当に子どもを愛し、お金に弱いのならば、この装置の存在によって怒る感情を守銭の気持ちで抑制できるだろう。そして、心の安らかさと穏やかな精神を取り戻すことが出来るはずだ。
果たして僕は怒りを金で抑えることができるのだろうか?

マンガ モンテッソーリの幼児教育 ママ、ひとりでするのを手伝ってね! | 相良敦子, あべようこ |本 | 通販 | Amazon
Amazonで相良敦子, あべようこのマンガ モンテッソーリの幼児教育 ママ、ひとりでするのを手伝っ...

効果のほどは次回以降ということで。以上、お疲れ様でした。

コメント